メニュー
閉じる

挙式・披露宴

めざしたのは家族想い、ゲスト想いのウエディング

お庭に面した、こもれ陽あふれる披露宴会場。 桜坂観山荘では、風情に満ちたモダンな空間と、日本料理の粋を凝らしたお料理、多彩な演出で、ご家族、ゲストの方々が喜んでいただけるような心あたたまるウェディングをプロデュースいたします。

披露宴会場は収容人数やお部屋の雰囲気など、お客様のご希 望に合わせたさまざまなタイプのお部屋をご用意いたします。

祝言式について

「祝言(しゅうげん)」とは、祝いの言葉であり婚礼を意味する言葉で、日本の伝統的なスタイルの結婚式です。古代日本では、親族や友人を集めた披露の宴が三日三晩続いたといいます。大切なご家族やご親戚と距離がより近くなるように新しいスタイルにリニューアルしました。ゲストとの会食の前に別室にて厳かで温かいいくつかの儀式をご家族、ご親戚と結び合い、両家の絆を深める工夫を凝らしました。「祝言式」は、両家のご家族を思う新郎新婦の心をカタチにしたお式です。

詳しくはこちら

人前式について

(江戸時代までは新郎の家に親しい人を招いて祝言を挙げる。この「人前式」が主流でした。「人前式」・・・実は日本にもっとも古くからある挙式です。)
『人前式』とは特定の神様ではなく、日ごろお世話になっている方、親しくしていただいている方の前で誓うお式です。 ご列席者の皆様に「証人」になっていただき、観山荘オリジナルのちぎりに列席者全員の名前を書いていただいてお二人らしいウェディングを実現することが出来ます。

神前式について

名の通り『神社で執り行う結婚式』は、明治時代半ばより行われています。
その厳かな雰囲気は、格式を重んじる年配の親族にはとくに喜ばれています。また「伝統の魅力」に導かれ、神社挙式を選ぶカップルも増えてる昨今。「父と母が結婚式を挙げた場所で私も・・・・」そんな新婦様もいらっしゃるのかもしれませんね。
挙式の流れには三々九度や玉串奉奠などの耳馴染みの儀式もありますが、聞き慣れない言葉や所作についても挙式日前に巫女さんが詳しく説明をしてくれますので安心です。 もともと「初詣」などで神社を訪れる習慣はありますが、結婚式の後には「戌の日」のお参りや、お子様の「お宮参り」「七五三」など、神社が幾度と 訪れる場所となることも素敵なことです。

観山荘の一生お祝い
観山荘では「神社挙式プラン」をご用意しております。
櫛田神社・護国神社・住吉神社・警固神社 と、プランの対象は以上の神社ですが太宰府天満宮・筥崎宮・十日恵比寿神社などをはじめ、そのほかの神社挙式のお二人もしっかりサポートいたします。